トップページ phone
トップページ こだわりの特選干物 みりん干し・醤油漬け 山陰特選 松葉ガニ こだわり お問い合わせ
安藤水産
食べ方
スマホの方はこちら
松葉ガニの上手なさばき方
カニを扱うものとして、ひとつ悲しいことがございます。それは「カニは面倒くさいから嫌だ」とか「みんなで食べに行くと、シーンとするよね」などと言う声が聞かれる事です。
  確かに、旅館やお店などの中には、見た目重視でカニ脚の削いだものを出すところがあります。箸で少しずつ身をほじくりながら食べていると、私どもも腹が立ってきて、「どうしてもっと食べやすく調理してくれないのか?」と言いたくなることも。
 
  そこで、このホームページを見ていただいているお客様に、”食べやすく調理する”さばき方を披露させていただこうと思います。とは言え、そんなに堅苦しい物ではなく、ご家庭で簡単に出来るようになっております。早速お試しになってご家族やお客様に振舞っていただき、皆の笑顔を見ていただければと思います。

  用意するもの:包丁又はキッチンばさみ(こちらのほうが簡単です)、手拭き、箸、皿
①カニを裏返して、ふんどし(写真の矢印部分)を取り外します。取り外した後に出来た穴へ親指を掛けて、甲羅と胴体部分を分けます(美味しいカニみそをこぼさないように)
松葉ガニの上手なさばき方
②胴体の真ん中あたりにはカニみそがたくさん詰まっていますので、それを甲羅の中に落とし入れた後、胴体を2つに割ります。えらの部分は写真のように手で取り除きます。脚は手でひねって取り外し、関節ごとにばらばらにします。
松葉ガニの上手なさばき方
③脚の両端をはさみで切り落とした後、真ん中に切り込みを入れます。そうして、切り込みの入った部分を開くと、きれいに開きます(反対側も切り、2つにわけてもいいです)。
松葉ガニの上手なさばき方
④胴体は横から包丁を寝かせて入れて切り離すか、もしくは、はさみで脚の間の部分を切り離していきます。あとは箸を使って身を皿またはカニみその入った甲羅の中へ落としてください。
松葉ガニの上手なさばき方

⑤甲羅の中の身とカニみそをよく混ぜ、脚と一緒に皿に盛れば完成です。そのままでも十分美味しいですが、ポン酢又は酢醤油を合わせても美味しくいただくことが出来ます。
<注意事項>
  カニの殻は固い部分もありますので、さばく時には気を付けて下さい。包丁が引っかかれば、一度抜いてやり直すなど、無理と怪我のないようにお願いします。

*安藤家裏技コーナー*
  脚の調理方法について、上記以外に簡単で面白い方法がありますので、お教えいたします。

①両端を切り落とした脚の太いほうを下にして、鉛筆を持つように握ります。もう一方の手は皿の上に、握手をするときのような形で固定します。そこへ、脚を握ったほうの手を勢いよくぶつけます。

松葉ガニの上手なさばき方

②すると、ポンッという音と共に、カニの身がするりと出てきます。

説明だけでは分かりずらいかと思いますが、成功すると非常に気持ちよく身が取れ、一度出来れば後は簡単に出来ることと思います。
注意点としては、
1.端を切り落とす際には一番太いところで切ること(そこより端を切ると引っかかって
   うまく出ません。なお、切れ端は調理人の役得として、堪能して下さい)
2.身を出すときにあまりに勢いよくすると、身が崩れてしまいます。アンスイの松葉ガ
   ニは新鮮ですので身離れがよく簡単に出ますので、ほどほどの力で。

以上の点に気をつければ、お子さんでも簡単に出来ます。ご家族で是非おためし下さい。

ちなみに、私どもが食べるときには、包丁もはさみも使いません。
テーブルの上に新聞紙を数枚敷き、その上に松葉ガニをどんっ、と置いてから、手と口(又は歯)のみを使い、あっという間に食べてしまいます。食べ終わりましたら新聞紙に包んで捨てれば、洗い物も出ません。
  行儀よくはないですが、カニの産地ならではの豪快な食べ方も、よろしければお試し下さい。